自分で作って楽しむインテリア雑貨の活用法

自分で作った雑貨で楽しむ生活

飾る際に大切となる統一感

雑貨制作の際には

雑貨を作るときには、どんな雑貨を作るかということに意識がいきがちです。
それはもちろん正しいのですが、計画的に制作することは作品を完成させるために必須の事項ですから、決して間違えていません。
ただしそれだけでは足りないこともあるのです。
雑貨はあくまでも飾って楽しむことが目的です。
作ることだけでなく、作った後があることを忘れてはいけません。
雑貨を飾って楽しめるためには、飾るときのことを考えて作る必要もあります。
雑貨制作の際には作ることだけに集中せずに、どこに飾るのか、どうやって飾るのかを想像しながら制作しましょう。
ときには制作中に飾るポイントに持って行って、全体の雰囲気を確認しながら制作するのがオススメです。

飾る場所との統一感を

飾る場合のことを考えて制作する際のもう1つのポイントとして、飾る場所との統一感を考えておきましょう。
例えばレースをふんだんにつかったポイントにカジュアルなイメージの雑貨を加えたなら統一感がありません。
制作したことによる愛着はあっても、冷静になればオシャレ感を感じなくなってしまいます。
長く愛用出来て、それでいてオシャレに感じられる雑貨を作るならば、雑貨を飾る場所との統一感を考えることです。
例えば観葉植物を配置するのにガラスの雑貨を置きたいならば、そのガラス雑貨には観葉植物と色の統一感が出るグリーン系のアイテムを加えてみましょう。
ガラスとグリーンとの透明感のある相性がよりプラスされ、さらにグリーン系の統一感からよりオシャレ感を上げられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る